プレママブログ-妊娠中期:6か月「妊婦の風邪」前編-

スポンサーリンク
プレママ・育児
スポンサーリンク

2022年1月 あけましておめでとうございます

無事安定期にも入り新年を迎えることができました!

新年早々、風邪をひきました!

長期戦になったので前編・後編に分けて記録したいと思います。

スポンサーリンク

1日目:「風邪の症状?」またもや謎の激痛

1月8日 土曜日

まずは夫が1月3日に鼻水ずるずる、微熱(37.3度)で寝込みました。

朝、市販薬を飲んで1日寝ると夕方には熱も下がりすぐに回復。

こんな時期なのでコロナも疑いましたが、思い当たる外出や接触もなく…

夫はいつも年末年始には風邪をひいているようで、本人は「いつもの」状態だったようです。

しかし、その3日後に私も鼻水がずるずると同じ症状になるのです。

そして…謎の激痛体全身に走りました。

左腕・左肩・背中・腰・足、とにかく全身が痛い。

痛みとしては風邪をひいたときの節々の痛み、ギューーっと絞られるような痛さです。

ここで気づきます。

「あれ、そういえば薬なんにも飲めないじゃないか…」

  • 水分をしっかりとる
  • ビタミンCを摂取する
  • 夫にマッサージをお願いする

とりあえずは基礎的な部分だけ実施して、飲んで出してを繰り返した1日。

発熱は37.5度と、夫と同じような熱の出方で、夕方には熱も下がりはじめ痛みも徐々に落ち着いてきました。

お風呂で湯船に浸かると多少楽になったので、楽になったタイミングでその日は就寝。

2日目:微熱と和らいだ痛み

1月9日 日曜日

起床時は36.8度と発熱は落ち着いたようです。

午前中は痛みも少なく、「やったー!なおったー!」と思ったら、午後になるにつれて体の痛みがひどくなりました。

熱は37.0度の微熱程度だけどまた上がってきてる。

熱が上がると体全体が痛くなるので、なにかしらのウィルスが体の中にいるということのような気がします。

そして今回は昨日痛くなかった右腕・右肩が痛い…ウィルスのやつがここにいるのか?

もう本当になんと言っていいかわからない痛みが1日中続くので頭がおかしくなりそうでした。

我慢ができないので、湿布を貼ってみることに…

運よく自宅に常備していた湿布が妊婦にも使用できる湿布だったのでいたいところに貼りまくり。

ジンジンと湿布の冷たさに痛みが紛れていきます。(消えるわけじゃない)

なんとか寝付くも、夜中は痛みで起きてしまいました。

3日目:激痛で発狂

1月10日 月曜日(祝日)

熱は36.5度と完璧に落ち着いた模様。

しかし、両腕・肩・背中(特に肩甲骨)・腰・足のほぼ全身の激痛だけが残っています。

朝から湯舟を沸かして入浴し、痛みを和らげる3日目。

とにかく同じような症状の方のブログがないかを探し回り「温めると良い」というページをやっと発見しました。

湯たんぽで特に痛いところを温め、行き届かないところは湿布で紛らわすという荒業。

寝る前になると痛みが増すのか、就寝前についに発狂。

「あー--!いたい、いたい、いたい、いたいー--!あああ」

思い出してもドン引きなんですが、それぐらいの痛さでした。(夫、ごめん)

腕がしびれでもげるんじゃないかという痛み…

本当は今日病院行きたかったけど、祝日だし…と我慢した自分に怒りがこみあげてくるくらい痛い。

痛くて泣き叫ぶ私を、ひたすらさすってくれる夫…。(夫様、本当にありがとう)

さすってくれてる間は寝れましたが、終わったとたんに痛みがはじまってしまい、結局その日は寝れたのかすらも覚えてません。

「妊婦の風邪」前編:まとめ

妊娠中の風邪は、

  • 良く寝る
  • 栄養をしっかりとる
  • 体をあたためる

ホームケアでできることはやはり基本的なことでした。

栄養も摂れてるのかわからず、薬局でみつけたのが

「産前産後に飲める栄養ドリンク」

created by Rinker
¥338 (2022/09/26 01:45:18時点 楽天市場調べ-詳細)

ノンカフェインで妊娠中の栄養補給ができる!助かります…。

免疫力の低下してるせいでいつもと違う症状がでるだろうな、と思っていたもののまさかの激痛。

本当に何が起こるかわからない…

後半に続きます。

\この記事をシェア・クリックしてね/
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プレママ・育児
スポンサーリンク
中のをフォローする
中のさん家

コメント